営業

阿部 良太

2021年入社 エアソリューション部

ミッションに向かって
道筋を立てるのは自分自身

CHAPTER 01

大手の看板を外した
自分自身に挑戦したい

私は、ある大手メーカー代理店のルート営業を約10年勤めてきました。学ばせていただいたことは多く感謝しているのですが、10年という節目を迎えるにあたって「大手の看板を外して、自分のやり方でどこまで出来るのか挑戦してみたい」という決意で転職いたしました。元々、立花社長や大橋部長とは業界の会合などでお会いしていて、すごく良い会社だなと思っていたのと「新社屋を建てる」というビジョンを実現している姿をみて、夢を実現させる会社だと感じたんです。まだまだ入社歴としては浅いですが、営業として売上をしっかりと立てて、会社が大きく成長できるように貢献していきたいと思います。

CHAPTER 02

ミッションに向かって
道筋を立てるのは
自分自身

一人ひとりにミッションはありますが、そこまでの道筋を自分で立てて実行していける環境です。決められたことをやっていきたいタイプの人には向かないかもしれないですね!そうやって個人を大切にしてくれる会社だからこそ、良い意味でのプレッシャーもあって、責任をもって仕事に取り組めています。そして...みんな心が若い!!生き生きしているんですよね。明るく楽しそうな雰囲気であるのですが、タスクに対して真剣に取り組んでいて、すごくメリハリのあるチームだなと思います。

CHAPTER 03

より深い
人と人との関係性を
築きたい

より深い人間関係を築くことで「阿部さんだから」と話していただける時は今までのやり方が間違っていなかったんだなと思えて嬉しいですね。大切にしているのは、私のことを好きになってもらうというよりは「話せる人」にどうなっていくかということです。お客様に会う回数を単に増やすのではなく、どれだけ一緒に濃厚な時間を過ごせるか。
そのためには、お客様の好きなこと、知りたい情報、困っていることを知り、プロとしてお客様からも求めていただけるような関係をつくっていくことを意識しています。

CHAPTER 04

趣味を大切に
リフレッシュの場所を持とう

釣りやライブ鑑賞が趣味で、自分の時間をつくるために1週間のタスクをどうやって終わらせるかということを考えています(笑)仕事を頑張る根本に、趣味の時間が欲しいという気持ちが大きいです。
こう言ってしまうと仕事に本気ではないのか?と思われてしまうかもしれませんが、もちろん仕事ではしっかりと成果を出したいですし、趣味も思いっきり楽しみたい。リフレッシュをする場所や過ごし方、また頑張ろうと思えるスイッチのようなものを持っているというのが大事だと思います。

TOP
TOP